巻き爪手術から1週間後は、大分痛みも減っています。
ただ、なぜか、麻酔の時に注射したその針の後が痛痒いのが続いています。


巻き爪手術後1週間で困っている事


靴下や靴もすんなり履けます。
しかし、長時間の歩行でたまに少し腫れがぶり返します。



針金がかかった部分が赤く腫れます。
1時間程のショッピングでも、靴の圧力などから影響を受けるのではないか?と感じます。


もう一点は、靴下を履いていると患部が蒸れてかゆみが出ることがあるということ。
本当にかゆいときはかゆみ止めを利用しています。
市販では、AD軟膏やムヒなどですが、出来たら病院から出してもらった方がいいかもしれません。


巻き爪手術後1週間で分かったこと


巻き爪手術後から1週間で分かったことは、巻き爪手術を簡単に考えていた部分があったので、手術後の痛みなど、大変なことが判りました。
手術のサイン等がいるということで、手術当日は書類にサインをしたりして、こんな事くらいで大げさだと感じていましたが、手術を実際に受けてみると、痛みや、歩行が難しいといった点が大変でした。

しかし、巻き爪手術から1週間も経つと、大分痛みも歩行も楽です。