左親指の巻き爪治療から2日目の様子を詳しくまとめてみました。

手術二日目の左親指の痛み


左親指の手術後2日目の様子は手術当日の晩のように痛みはありませんでしたが、まだ強い痛みを感じていました。
大分痛みは楽なのですが、手術をした左親指が何かの物に当たると激痛がするのは変わってません。
スリッパや靴を履いて歩く時の摩擦などもまだ痛いです。


病院へ消毒に行く


手術後の翌日は、手術をした左親指の様子を先生に診てもらい消毒をするために病院へ行きました。
手術後翌日か、翌々日には一度様子を見るそうです。
病院へ行った時間帯は、午前中の10時ごろ。

消毒は手間がかからないからか、優先的に先に診てもらえ、処置室で消毒をして、先生が少し手術をした箇所の様子を見たら終わりでした。
赤く腫れ過ぎたり、化膿していたらいけないそうです。
手術をした左親指はまだかなり腫れていますが、特に異常ではないとのことで、消毒と診察は5分ほどですぐに終わりました。
この日は受付から支払いまでは30分くらい。


診察・消毒の費用


診察と消毒の費用は390円でした。
初診日(手術した日)が同じ月であれば、初診料はいらないので、500円くらいの費用が目安かと思います。


過ごし方


手術から2日後は、まだ痛みが強い状態なので、家事なども制限をしていました。
布団をかかえて干す作業は手術した左親指に負荷がかかるので、まだできない感じでした。

長時間の家事もまだ差し支えるので、食事は簡単なものを作るか、総菜を買ってくるか、といった具合。
買い物などは歩き回るのでまだ厳しいです。

お仕事をされている方は、まだ普段の靴を履くには厳しいかもしれません。
オフィスを歩くのも苦労するかもしれないと思います。

スリッパで過ごしても歩くときはまだ痛みは強いです。
手術後2日目は、小さな衝撃でも摩擦があるとまだ痛みを強く感じる時期です。
靴下もゆるいものを用意しておくといいかと思います。